高須 英輔 展

~いまだ山麓~

2006年9月22日(金) ~10月21日(土) 11:00AM~6:00PM

展示会場 K’s Green Gallery

 

高須英輔は1983年に高須造形デザイン室を設立し、空間デザイナーとして建築関係の空間づくりに携わりながら蘇生組積をテーマに彫刻・彫刻的家具(漆)を発表し続けています。1995年からは「階段」をテーマとした彫刻作品の発表も始まりました。

今回の展覧会は、「階段」シリーズで構成されます。30㎝×30㎝の白いボードの上に階段をテーマとしたレリーフ状の作品( 作品ビジュアル1 参照 )と新作の花を活けることのできる作品( 作品ビジュアル2 参照 ) が数点ずつ展示される予定です。

この新作は古木を削り、木の自然なコブの部分はくり貫いて、表面にカシューを塗り水を張れるようにしてあります。部分的に銀箔が貼られ、四季折々の花を活けて、場を演出できるように考えられています。

高須英輔は「人はみな、永遠の生を求めて天界への道を探し続ける旅をする。その果てしなき憧れは「階段」のイメージに重なる」と言います。今回の展覧会のサブタイトル~いまだ山麓~は、作家が長年、制作を続けて一瞬ある境地に達したと思っても「いまだ山麓」だったという制作に対する謙虚な姿勢と階段を上り続けるイメージから付けられました。

この小さな階段シリーズの作品には、人が感じるスケール感を惑わす魅力があります。それは巨大な建造物にも感じられ、また逆に、自分が巨人になってしまったような錯覚も与えてくれます。

生活空間の中に、生まれ変わった古木が新たな形で蘇りオブジェとして存在する・・・・、それらが静かに呼吸を始める時、そこで生活する私たちは安らぎをとりもどすことができる。そんな生活提案を目指しています。

空間デザイナーとしても活躍している高須英輔は谷中の地域、私共、畳の老舗クマイ商店ともコラボレーションした展覧会を考えています。ギャラリーの正面には掛軸のような細長いレリーフ状の作品を展示する予定です。

今谷中ではアートリンク上野谷中2006を9月23日から10月15日まで開催しています。
マップもできました。秋の散策をかねて谷中にお出かけください。

 

アートリンク上野谷中のサイトはこちらから→art-Link 上野-谷中 2010

 

img_ksgreen060922_1.jpg img_ksgreen060922_2.jpg

img_ksgreen060922_3.jpg

img_ksgreen060922_4.jpg

img_ksgreen060922_5.jpg

img_ksgreen060922_6.jpg
K's Greenギャラリー